プラセンタ美容液の副作用や注意すべきことはあるのか?

プラセンタ美容液

多くの成分を含有し、美容や健康に抜群の
効果を発揮することで知られるプラセンタ
ですが、副作用など危険性はないので
しょうか?

 

ここでは副作用や使用する上で知ってお
くべき注意点などについて触れておきたいと
思います。

 

 

副作用はほとんどない!

 

まずはじめに、プラセンタそのものには心配するべき副作用は
ほとんどないとされています。

 

日本のみならず、世界の美容業界においてもプラセンタは
安全性が高いことで知られ、重篤な副作用の報告などもほとんど
されていないようです。

 

プラセンタ自体には副作用はないとされますが、製造メーカー
の衛生管理や、加工技術にも注目しておくとより安心です。

 

製薬メーカーやそれに準ずる基準で製造や管理において衛生を
保っている製品を選ぶようにし、あまりにも安価な製品は
できるだけ避けるようにしましょう。

 

プラセンタは化学合成するものではなく、生産性に限りがある
貴重な成分とも言えます。また、抽出技術も特殊なため、
価格が比較的高価になってしまう傾向があります。

 

それが市場の相場に反して安い場合は、配合量が極端に少ない
など何かしらの理由があるはずです。

 

そういった不安要素をできるだけ排除するためには、不要な
添加物が少なく、信頼できる製造メーカーや会社の製品を
選ぶことをおすすめします。

 

 

安全性が高いとされる馬・豚由来がおすすめ

 

動物性プラセンタはどれも高品質なものがいいとされますが、
その中でも馬由来のプラセンタと豚由来のプラセンタのみ、
財団法人日本健康・栄養食品協会で認定健康食品の規格基準
をクリアしているとしてJHFAマークを取得しています。

 

もちろん馬や豚以外のプラセンタでも安全なものは多くありますが
より信頼できるもの、安全性が高いものを選びたい人は
馬や豚由来のプラセンタを選ぶといいでしょう。

 

ちなみに、2001年に狂牛病問題が発生してからは牛由来の
プラセンタの販売、流通は一切禁止されています。

 

 

肌に異常を感じたら使用を中止して皮膚科医に相談

 

副作用の心配はないとされるプラセンタですが、肌質や体質、
使用時の体調などによっては肌に変調や異常があらわれる
可能性があります。

 

これはプラセンタに限らず、いかなる化粧品においても
考えられる危険性ですが、使用後に赤みやかゆみ、腫れ、湿疹、
刺激などを感じた場合は使用をすぐに中止し様子を見て下さい。

 

症状がおさまらなかったり、ひどくなる場合は皮膚科医など
専門家にご相談下さい。

 

また、美容液などの基礎化粧品の場合は他に配合されている
成分についてもしっかりと注意し、アレルギーを引き起こす
成分などが含まれていないかご確認下さい。

 

 

好転反応が起こる場合がある

 

最後にプラセンタを使う上で知っておきたいのが「好転反応」
という肌の現象です。

 

プラセンタには細胞を新しくしていわゆる「悪い部分」を修復
する働きがあるため、その修復段階として肌荒れが悪化したり、
吹き出物ができたりということがあります。

 

この好転反応は数日〜2週間程度でおさまるものですが、あまり
にも長く続く、症状が重いなどの場合は医師にご相談下さい。

 

ただしこの好転反応は基本的にはサプリメントなどによって
プラセンタを摂取した時に起こりやすい現象ですが、原液や
高濃度のプラセンタ美容液を使用した場合でも起こりうるもの
なので、念のため覚えておきましょう。

関連ページ

プラセンタってそもそも何?どんな種類があるの?
プラセンタ美容液の有効成分や効果について詳しくご紹介しているコラム記事です。
奇跡の美容成分・プラセンタによる美肌効果を具体的に解説!
プラセンタ美容液の美肌効果など特徴について詳しくご紹介しているコラム記事です。
プラセンタ美容液の効果的な使い方やポイントを紹介!
プラセンタ美容液の効果的な使い方やポイントについて詳しくご紹介しているコラム記事です。