プラセンタ美容液の効果的な使い方やポイントを紹介!

プラセンタ美容液

せっかく貴重なプラセンタを配合した美容液を
使うのであれば、できるだけ効果的な使い方を
して素肌力をアップさせたいもの。

 

ここではプラセンタ配合美容液のより効果的な
使い方と商品の選び方について解説して
いきたいと思います。

 

 

プラセンタ美容液の効果的な使い方

 

洗顔後の素肌に浸透させるのがポイント

 

プラセンタ原液や高濃度で配合された美容液の多くは洗顔後、
化粧水をつける前の素肌になじませるように言われています。

 

一般的な美容液というと化粧水使用後や乳液使用後などに
使うようになっていますが、プラセンタ美容液に関しては
化粧水前に肌内部に入れ込むことが大切です。

 

何にも邪魔されず、肌細胞までプラセンタに含まれる成長因子
などの成分が届くことで細胞を活性してターンオーバーが促進され、
美しく健やかな肌を作り出してくれます。

 

使用する順番としては、洗顔→プラセンタ美容液→化粧水→
乳液→クリームが理想的。

 

多くの成分が含まれる化粧水や乳液などをつける前に使うことで
プラセンタの有効成分がよりしっかりと浸透するのです。

 

また、ここで大切なのがプラセンタ美容液がしっかりと肌の奥まで
浸透しきるまで化粧水の使用を待つこと。

 

プラセンタ美容液を適量ハンドプレスでなじませてから、2〜3分
待ち、じっくりと浸透させます。

 

そうすることでその後に使用する化粧水の浸透力も格段にアップし、
肌のしっとり感が高まります。

 

 

シートマスクで贅沢なスペシャルケアを!

 

前述のようにプラセンタ美容液は洗顔後の素肌に使用することが
大切ですが、その時にシートマスクを使用して数分間プラセンタ
パックするのもおすすめです。

 

肌が疲れている時のレスキューケアや週に1度のスペシャルケア
として少し贅沢なケアをすると、より肌にハリや艶が出ます。

 

特に吸収率が高いお風呂上がりに行うと効果的です。
あまり長時間パックをしておくとシートが乾燥してきてしまい、
肌を傷める原因になるので使用時間には気をつけて下さい。

 

 

化粧品はライン使いがおすすめ!

 

購入しようとしているプラセンタ美容液にライン使いできる
商品があれば、ぜひ同時に使用することをおすすめします。

 

ライン商品として開発されている場合、トータルバランスで
最高の肌に導くように考えられているため、その効果をより
しっかりと得るためにはライン使いするといいでしょう。

 

 

部分用美容液は顔全体に使わないこと

 

特に年齢肌用化粧品として、目元や口元専用の美容液も販売
されていますが、それらの美容液を顔全体に使用することは
あまりおすすめできません。

 

シワやシミのできやすい目元や口元は、皮膚が薄かったり、
乾燥しやすかったりして頬や額とは肌質が少し異なります。

 

そのため、目元や口元の皮膚に合わせて成分配合された美容液は
顔全体に使うと思わぬ悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

当然のことですが、商品それぞれの使用方法や注意事項を事前に
しっかりと確認しそれに従って使うようにしましょう。

関連ページ

プラセンタってそもそも何?どんな種類があるの?
プラセンタ美容液の有効成分や効果について詳しくご紹介しているコラム記事です。
奇跡の美容成分・プラセンタによる美肌効果を具体的に解説!
プラセンタ美容液の美肌効果など特徴について詳しくご紹介しているコラム記事です。
プラセンタ美容液の副作用や注意すべきことはあるのか?
プラセンタ美容液の副作用について詳しくご紹介しているコラム記事です。